おまとめローンで多くの借り入れを一本化

通常のカードローンやキャッシングであっても、あるいはおまとめローンであっても、申し込んだら必ず審査を受けなければなりません。おまとめローンの審査基準については、銀行や消費者金融によって微妙な差はありますが、おおむね以下のような基準で審査がなされます。

 

おまとめローン審査で重要となる職業

まずは、職業です。どんな仕事についているかというのは、おまとめローンに限らず通常のカードローンやキャッシングでも重要です。最もポイントが高いのは公務員です。公務員であれば、地方公務員であろうと国家公務員であろうとも、平職員でも管理職であってもあまり関係はありません。

 

その次にポイントが高いと言われているのは、一流企業勤めです。一部上場企業などはその中でももっとも信頼度が高くなります。

 

その次に一般企業勤めということになります。自営業者に関しましては、収入が多い少ないに関わらず、あまりポイントは高くありません。安定していないというのがその大きな理由です。

 

おまとめローンでは収入や安定性も大事な要素になる

次の審査基準は、収入です。これもおまとめローンに限ったことではありません。収入が多いのが何より大切と思いがちですが、実際はそうではありません。実際には、安定した収入があることのほうが重視をされるのです。

 

安定した収入という面から考えると、やはり公務員がもっともポイントが高く、自営業者のポイントは低くなるということになります。

 

他の審査基準としては、結婚しているかどうかというのがあります。これも審査基準ですが、未婚と既婚のどちらのほうがいいかというのは、審査する側によって異なります。

 

自由に使えるお金が多いからという理由で、未婚の方を高ポイントにするところもあれば、夜逃げしにくいという理由で、既婚の方に高いポイントをつけるところもあります。

 

他社借り入れ状況とおまとめローン審査

そしておまとめローンならではの審査基準として、他社からの借り入れ状況があります。おまとめローンにおいては、これが重要な意味を持ちます。

 

借金をしている回数が多ければ多いほど、審査の際にポイントは下がります。また、仮におまとめローンをしたとしても、目に見えて効果がでないような低金利の借金が多い場合には、おまとめローンの融資が実行される可能性は高くありません。

 

そして、現在抱えている借金の件数が重要となります。これが多ければ多いほど、審査では不利となります。おまとめローンの中には、おまとめできる件数に審査の際に制限を設けているところもあるからです。これら意外にも、細かい審査基準があります。

 

カードローンの審査に通らない理由

カードローンを利用したくて申し込みをしているのに、どこの業者でもなかなか審査が通らないという経験のある人もいるでしょう。その理由としていくつかあげられるので、確認してみましょう。

 

まず1つ目は、複数のカードローン業者にまとめて申し込んでいる場合です。短期間でいくつもの申込みをすると、業者はその情報を共有化しているため、不適切な利用を警戒されてしまうのです。

 

2つ目に、仕事の勤続年数もかかわってきます。最低でも1年以上勤めていないと、難しいでしょう。

 

3つ目は、他社から既に借入れを行っている場合です。借入れ件数が多いと、ほとんどの業者でマイナス要素となってしまします。業者のWebサイトでは、借り入れのある人が申し込み可能かどうか診断するツールもあるので、利用してみると良いでしょう。

 

4つ目に、現在借り入れがあり、返済が遅れている場合もチェックされます。もしも返済が滞っている契約があれば、まずそちらを返済してから申込みましょう。最後に、他社での借り入れが多額である場合です。

 

年収とのバランスを見て、もしそれ以上の借り入れが無理と判断されれば審査に通らなくなります。こういった点に注意することで、審査が通りやすくなるでしょう。

 

返済ができなくなっている状況ではおまとめローンの審査にも通らないので、既に返済がパンクしている方はおまとめローンの検討ではなく、借金を整理する任意整理の解決相談を進めるべきです。